寝違え | 田町・芝浦・三田など港区周辺で整骨・整体・鍼灸・マッサージ・カイロプラクティック・骨盤矯正・交通事故治療なら芝浦治療院

受付時間
平日10:00~22:00
土曜・祝日09:00~19:00
日曜休診
お電話でのご予約・お問い合わせ03-5445-6600 English

寝違え

寝違え

朝起きると頚が痛くて全く動かせない―このような経験は誰でも1度や2度はあるでしょう。いわゆる「寝違え」ですが、その原因は睡眠時の不自然な姿勢や冷えにより過度に緊張した頚から肩にかけての筋肉・筋膜・靭帯が何かの拍子に損傷したためと考えられます。

寝違えの対処法

寝違えた場合の対処としては、まずはアイシングと安静にすることが一番です。組織は傷つき炎症が生じていますから、氷水を入れたビニール袋を患部に 10分から15分程度当て炎症を鎮めます。保冷材を直接肌に当てると凍傷を起こす場合がありますので必ずタオルに包んで使用してください。
1日に数回アイシングをし、安静にしていれば2~3日中には痛みは軽減していきます。家で安静にできない場合、頚にテーピングをし、軽く固定するのも有効です。

寝違えの治療法

当院での寝違えに対しての治療は患部を揉んだり強くストレッチをしたりはしません。痛みを引き起こしている根本を探し治療を行います。 症状にもよりますが、一回の治療で動かせなかった首が回せるようになります。症状が強い場合は鍼治療もお勧めです。
寝違いを何度も繰り返す場合は、頚椎に異常がある可能性もあります。一度当院で頚椎を調整することをお勧めします。

寝違えに対する鍼灸治療

ここでは自分で手軽に使用できる、寝違えた場合の頚の痛みを和らげるツボを紹介します。このツボは患部から離れたところにあるため、自分でも安全に刺激することができます。

落枕(らくちん)

落枕とは、枕から落ちると書いて寝違いのことを意味します。このツボは、手の甲の人差し指と中指の付け根にあります。頚の痛みのある側のツボを、反対側の手の親指で2~3分強めに押してください。

後谿(こうけい)

ちょうど手のひらのしわが伸びている部分になります。 手の側面から小指をなぞっていって探して下さい。 小指をなぞって出っ張っている骨の下部に行きついたら骨のくぼみに向かって指を押してください。

よくある症状やお悩みで選ぶ

PAGE TOP