腱鞘炎 | 田町・芝浦・三田など港区周辺で整骨・整体・鍼灸・マッサージ・カイロプラクティック・骨盤矯正・交通事故治療なら芝浦治療院

受付時間
平日10:00~22:00
土曜・祝日09:00~19:00
日曜休診
お電話でのご予約・お問い合わせ03-5445-6600 English

腱鞘炎

腱鞘炎

クセになりやすい腱鞘炎は、予防と早期治療がたいせつです。

腱鞘炎

腱鞘とは腱を包んでいる鞘のことで、中に滑液という潤滑油の様なものがあり、腱を滑り易くしています。この腱鞘に起こる炎症の症状を腱鞘炎といいます。症状は指の外転、伸展(屈曲)時に腱鞘部に疼痛、圧痛、腫脹がみられます。痺れを感じることもあります。アキレス腱や足にもまれに起こることがありますが圧倒的に手部の発症が多いようです。


前腕の腱鞘炎 親指を伸ばす働きをする長母指伸筋腱に生じる腱鞘炎です。
狭窄性腱鞘炎(ドゥケルバン病) 長母指外転筋腱と短母指伸筋腱が手関節橈側(親指側)で、腱鞘が炎症し肥厚して狭くなった状態です。
手根管症候群 手首の掌側で橈骨手根屈筋と長掌筋が屈筋支帯の下を手根管という トンネルの中を通過します。
この二つの腱の下に正中神経が通っています。この部位に炎症が起こる腱鞘炎です。
バネ指(手指屈筋腱の靭帯性腱鞘炎) 指を屈曲あるいは伸展しようとすると中途でひっかかったようになり、
無理に力を入れたり、他動的に動かしたりすると、バネ仕掛けのように突発的に屈曲あるいは伸展の動作が起こるもの(弾撥現象)をいい、弾撥指ともよばれます。手指の屈筋腱の一部が肥厚して腱鞘を円滑に通過出来なくなることによります。

腱鞘炎が多発する場合はリウマチが原因のこともあります。そのような場合は一度、専門医の受診をお勧めします。

治療方針

初期治療としては、炎症が強く痛みが激しい場合は第一に患部をアイシングして炎症を抑え安静を保ちます。また余計な力が入り腕や肩といった所の前後、左右のバランスも崩れています。鍼灸やマッサージにより使いすぎている腕や肩の筋肉をほぐし、バランスを調えることも重要です。

鍼灸治療
手指 曲池、手三里、温溜、偏歴、陽谿、合谷、列缺、太淵、魚際
バネ指 上記に加え、三間、後谿より屈筋腱の肥厚部

よくある症状やお悩みで選ぶ

PAGE TOP