肩こり

  • 鍼灸による治療
  • マッサージによる治療

肩こりの治療


身体の状態によって肩こりに対する処置も変わります。単純に使いすぎによる筋疲労からくる肩こりに対しては、筋緊張、圧痛、硬結に刺鍼して血流改善、筋緊張の緩和を図ります。慢性的なこりに対してはパルス<通電療法>や、温灸も効果的です。また最初にアキレス腱の緊張をほぐすと効果的でもあります。特にハイヒール性肩こりには顕著な効果が期待できます。

自律神経の乱れからくる筋緊張がベースにある場合は、刺鍼もこっている部分だけでなく、膝下や前腕、腹部など全身にツボを取ることで、症状の改善を図っていきます。
例えば次りょうと次りょうの周囲には、排尿中枢と排便中枢があるので、これらの経穴を刺激すると骨盤内にある臓器の機能が高まります。従って、内臓の自律神経に起因する肩こりには特に効果的です。肩こりには、肩のみの治療ではなく、全身を対象とした治療の方がより効果的ということを御理解下さい。

痛みを軽減する経穴への刺激も必要で、特に委中と承山に対する刺激は欠かすことができません。委中は肩、背中、腰などすべての部位の痛みに効果的な経穴です。承山は第二の心臓といわれるふくらはぎの中心線に位置していて承山とその周囲をほぐすと肩のこりも自然にほぐれる場合が多いのです。

主に治療に使われる経穴は

  • 頸肩背部:天柱、風池、大椎、肩井、肩外兪、肺兪、至陽、隔兪
  • 手足:血海、三陰交、太衝、陽陵泉

などが挙げられます。

肩こりの原因

肩こりというのは症状の一つで傷病名ではありません。また一言で肩こりと言っても様々な種類があります。以下に肩こりと主な症状を記しましたので、ご自分の症状と照らし合わせて一度ご相談ください。

肩やその周囲に原因があるもの

肩関節周囲炎(四十、五十肩) 肩の関節を動かすと痛みがでる。
胸郭出口症候群 手のしびれ、冷感がある。
頚肩腕症候群 後頭部痛、手のしびれがある。

背骨に原因があるもの

変形性頚椎症 後頭部痛、手のしびれ、筋力が低下する。
頚椎椎間板ヘルニア 手のしびれ、手の感覚・動きが鈍くなる。
頚椎後縦靱帯骨化症 身体を動かす時にぎこちない動きになる。
頚椎ねんざなどの外傷 様々な症状が出現する。

内臓などの病気によるもの

肺ガン 体重減少、血たんが出る。
高血圧、低血圧 不眠、のぼせがある。
狭心症、心筋梗塞 胸を締め付ける痛みがある。
眼精疲労 頭痛、かすみ目がある。
更年期障害 顔のほてり、のぼせ、動悸がある。
貧血 ふらふらする、意識が遠くなる。
左肩のこりは心臓の異常 右肩のこりは肝臓の異常 背中のこりは脾臓の異常

その他

自律神経失調症 様々な症状が出現する。
うつ病 脱力感、倦怠感がある。
寒さ 冷房、温度差による冷え。精神的緊張、睡眠不足によるものなどがある。

自分でできる肩こり診断

今の状態は冷やした方が良い(急性期)のか、温めた方が良い(慢性期)のかをチェックしてください。

  急性 慢性
熱感(痛みの箇所が他の場所と比べて温かい) ある ない
痛み 一部分
ズキズキ痛む
全体的
痛いというよりは重だるい
安静時痛(座っていても痛む) 常にある ない・時々ある
運動痛
(歩きだし・階段の上り降り・等)
常にある ない・時々ある
夜間痛(痛みで目が覚める) 常にある ない・時々ある
しびれ 常にある ない・時々ある

以上の項目で急性と慢性で当てはまる項目が多いのはどちらですか?
急性のみ、または急性が多く当てはまった方は、早めに一度受診されることをお勧めします。慢性のみ当てはまった方は、
自分でできる肩こり対処法をご参考ください。

こんな肩こりは要注意

  • 同じ場所のこりや痛みが長く続いている
  • 寝ていても痛い
  • 痛みがだんだん強くなる
  • 痛みやしびれが指の方まで及んでいる
  • 腕に力が入らない
  • 手の感覚が鈍くなった
  • 胸痛や腹痛、背中の痛みを伴う
  • 肩こりの手当てをしても治らない

以上に思い当たる節がある方はご相談ください。

当院では鍼による治療も行っております。

肩こり外来

多くの人が肩こりを訴えますが、明確な定義はありません。しいていえば、何らかの要因で筋肉の緊張状態が長く続いた後に起こる、頸や肩、背部がこわばったような不快感を総称したものといえるでしょうか。
日常的な動作に起因するだけに、慢性的な肩こりを訴える人は少なくありません。「たかが肩こり」と言えないのにはわけがあります。一つはそのつらさ。ひどくなると頭痛、ひいては吐き気を催すほどになります。また、単なる筋疲労が原因のものから頚椎疾患や耳鼻科、眼科、歯科さらには内科疾患まであらゆる病気が奥に潜んでいる可能性があります。肩が痛いから肩こりと単純に済ますことはできず、他の症状との関連も視野に入れた治療が必要です。

実際、肩こりの大半は、自律神経のバランスが崩れたことに起因している…と言っても決して過言ではありません。たとえば睡眠不足や疲労の蓄積、ストレスの蓄積などによって、自律神経のバランスが崩れて消化器系の内臓の機能が低下すると、胃下垂、胃もたれ、便秘などの諸症状を引き起こします。また、よく食物を噛まずに飲み込むと、胃腸での消化が妨げられ、内臓の自律神経の動きが悪くなるケースもあります。
実は人間の内臓は筋膜や靱帯により頸や肩の骨格にぶら下がった構造をしています。そのため胃腸の中に消化しきれない食物が大量に留まると、その重みは肩にまで負担をかけるのです。肩が常に腹部の余分な荷物を抱える形になり、筋肉が緊張をし続けることになるのです。しかも、仮に量的には少量であっても、一日中肩からカバンをかけているように、長時間持続的にかかる負荷なので、肩にとっては負担が大きいのです。

また、不良姿勢もこのような内臓に関連した肩こりを引き起こす原因になることがあります。例えば身体を前屈ぎみにした姿勢を長時間続けるデスクワークの人は、その姿勢によって胃腸が持続的に圧迫されるため、次第に胃腸が鬱血(血液が澱んでしまう)して、内臓体性反射として肩こりを引き起こします。胃腸のトラブルを脳が勘違いをして肩に異常があるかのように感じてしまうのです。

もちろん、肩こりの中には、内臓の自律神経や内臓性の鬱血と連結しないものもあります。頚椎症など頚椎の異常に原因のあるケースも珍しくないし、手や腕の使いすぎなど単純に筋肉の問題だといえるケースもあります。精神的なストレス、姿勢不良、手のオーバーユースなどの原因が複合的に働いて発症するケースもあります。意外なところでは、ハイヒールを履く機会が多い女性に好発するハイヒール性の肩こりがあります。ハイヒールを履いている時、足は常に底屈(つま先立ち)を強いられているため、アキレス腱が緊張し、それが背中の緊張につながり、最終的に肩こりの誘因になる場合が多いのである。

東洋医学的に見ても原因の分類は多岐にわたります。代表的なものは「肝血の不足」「血虚」といわれるもので、文字通り血(栄養)の巡りが悪い状態といえるでしょう。漢方では肝は筋肉と最も関連のある臓腑です。「肝陽の亢進」によるこりは高血圧症の方によくみられます。熱の性質と関係が深く、口苦、目の充血、顔のほてり等を伴うことも多いのが特徴です。
寒さや冷えに元をたどる肩こりもあります。「風寒の邪」に頸肩を巡る経脈が侵襲された状態で、営衛(身体を守るエネルギー)の流れが悪くなることで筋のこりが起こると考えます。

芝浦治療院 SHIBAURA CHIRYO IN〒108-0023
東京都港区芝浦3-12-5石阪ビル2F
田町駅から徒歩5分

受付時間
平日
10:00~22:00
土
09:00~19:00
祝日
09:00~19:00
日
休診
お電話でのご予約・お問い合わせ 03-5445-6600 初めてご来院される方へ 診療時間・ご予約・アクセス

このページの上部へ