不妊症

不妊症

不妊症とは、結婚をして1年以上性生活をしていても妊娠しないことを不妊症と言います。 日本においては妊娠を望んでいるカップルの10%が不妊であるといわれています。

不妊症においては様々な原因があり女性に原因がある場合、男性に原因がある場合、原因不明の場合があります。

一方で妊娠はするが習慣性の流産により受精卵が育たない不育症もこの不妊症に含まれるとされています。

一般的な不妊症の原因

不妊症の原因として女性の問題、男性の問題、両方の問題、原因不明とあります。

女性の問題
排卵の問題
  • 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)
  • 黄体化未破裂卵胞(LUF)
  • 高プロラクチン血症
  • 卵巣機能低下
  • 下垂体性無月経
  • 卵巣性無月経(早期閉経POF他)
子宮の問題
  • 黄体機能不全
  • 子宮内膜症
  • 子宮腺筋症
  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜ポリープ
  • 子宮形態異常
  • 子宮腔癒着症
卵管の問題
  • 卵管狭窄
  • 卵管留膿腫
  • 卵管留水腫
  • 卵管閉塞
  • 卵管の機能性障害(ピックアップ障害等)
その他の問題
  • 機能性不妊(原因不明)
  • 免疫性不妊(抗精子抗体)
  • 子宮頸管粘液不全
男性の問題
造精機能障害
  • 乏精子症
  • 無精子症
  • 精子無力症
  • 精索静脈瘤
精路通過障害
  • 精管欠損
  • 閉塞性無精子症
  • 精巣上体炎
  • 鼠径ヘルニアなどの術後損傷
  • 感染症による後遺症
機能障害
  • ED(勃起)障害
  • 無射精症
  • 膣内射精障害
  • 逆行性射精障害

年齢とともに不妊症になる原因

妊娠の要である卵子の質が年齢とともに低下していくことや年齢とともに子宮や卵巣の臓器自体も老化してくるために月経周期や基礎体温も乱れやすくなります。
そして妊娠するための体作りがしずらくなり、さらに子宮や卵巣の病気も増えてきます。
このような原因により年齢が高くなるとともに不妊症になりやすくなります。

個人差もありますが限られた時間の中でいかに老化を遅らせて妊娠しやすい体を作っていくか。
その為に病院での治療とともに鍼灸治療などを併用していくことで相乗効果を高めていきます。

不妊症の鍼灸治療

鍼灸治療では基本は機能的な問題を中心に行います。

治療としては腹診、脈診などにより体全体の状態を診て、弱いところを補い、強すぎるところを抑え、体のバランスを整えていきます。
不妊治療の場合ホルモンや自律神経のバランスを整えて、血流循環を良くし冷えを改善させるように治療をします。

このように体の気・血・水のバランスを整えることにより妊娠しやすい体作りを目指していきます。

不妊治療の鍼灸のツボ

鍼灸治療において個人差はありますが、

  • 自律神経の乱れを整え免役力を高める復溜、陰谷、照海、兪府、大椎、天牖、手三里など
  • ホルモンバランスを整える照海、兪府、築賓、三陰交、次髎など

このように症状によりツボを選び一人一人のその日の状態を診ながら治療をしていきます。

予防・改善

不妊症の予防として規則正しい健康習慣も心がける必要もあるでしょう。

ブレスローの7つの健康習慣
(長年の研究で健康度と生活習慣に関した調査に基づいています)

  • 喫煙をしない
  • 定期的な運動
  • 飲酒は適量もしくは飲まない
  • 1日7~8時間の睡眠をとる
  • 適正体重の維持
  • 朝食を食べる
  • 間食をしない

このようなことの中からまず出来ることを始めていきましょう。

大切なのは質の良い睡眠をとることで自律神経のバランスを整えていくことです。
入浴やリラックスできる時間を作りましょう。

食生活や適度な運動も大切です。バランスのとれた食事やできるだけ食事の時間も不規則にならないように心がけましょう。食生活でも体を冷やすような冷たいもの、アルコールなどは控えるようにしましょう。

また適度な運動というとジョギングやスポーツジムに通うなどと考えがちですが、たとえばエレベーターを階段にするとか、いつもより少し早歩きにするとか日常生活の中でもできることから無理なく始めていきましょう。

このように日常生活を少し見直していくことも大切かもしれません。女性施術者もいますのでお気軽にご相談ください。

芝浦治療院 SHIBAURA CHIRYO IN〒108-0023
東京都港区芝浦3-12-5石阪ビル2F
田町駅から徒歩5分

受付時間
平日
10:00~22:00
土
09:00~19:00
祝日
09:00~19:00
日
休診
お電話でのご予約・お問い合わせ 03-5445-6600 初めてご来院される方へ 診療時間・ご予約・アクセス

このページの上部へ