スポーツ障害(オスグッド・シュラッター病) | 田町・芝浦・三田など港区周辺で整骨・整体・鍼灸・マッサージ・カイロプラクティック・骨盤矯正・交通事故治療なら芝浦治療院

受付時間
平日10:00~22:00
土曜・祝日09:00~19:00
日曜休診
お電話でのご予約・お問い合わせ03-5445-6600 English

スポーツ障害(オスグッド・シュラッター病)

オスグッド・シュラッター病

オスグッド・シュラッター病はオーバーユースによる成長期のスポーツ障害の代表疾患です。
成長期は急激に身長が増加しますので骨は急速に成長を遂げますが、筋肉や靭帯・腱などの軟部組織は同様には成長しません。
そのために生じる大腿四頭筋の柔軟性低下をきっかけに、ジャンプやダッシュなどの繰り返しの動作による牽引力が脛骨結節部に加わり、痛みを発生させます。

症状

オスグッド・シュラッター病はスポーツ動作全般で発生しますが、特にジャンプ動作での膝屈伸時や、ダッシュやキック動作で起こりやすく、膝蓋骨下方に限局した疼痛と強い圧痛が主症状です。
また局所の熱感や腫張、骨性の隆起が認められ、時には両側に発生します。
よく発症する年代・性差ですが、大半が10〜16歳の男子です。

好発スポーツ

陸上競技、サッカー、バレーボール、バスケットボール、バドミントンなどの種目で多くみられます。
動作ではジャンプ、ダッシュ、キック、スクワットなどで好発します。つまり、こういう動作をよくするスポーツは要注意ということです。

治療法

オスグッド・シュラッター病の応急処置ではアイシングが最も有効です。局所の安静を中心とした保存療法が適応となります。
予防には大腿四頭筋のストレッチングが不可欠で、テーピングやオスグッド用の膝サポーターも効果的です。なので、症状が改善してもストレッチングは継続しましょう。
また成長期を過ぎると骨は固まりますので、いったん症状は落ち着きます。


治療風景

テーピング療法です。
オスグッド・シュラッター病では、膝蓋骨下方に痛みが出ますので、原因となっている大腿四頭筋をキネシオテープで緩めてあげることに よって痛みを緩和します。

オスグッド・シュラッター病専用のバンドです。
痛みが出る膝蓋骨下方を圧迫することにより膝を安定させ、運動のサポートをしてくれます。

オスグッド・シュラッター病の原因である大腿四頭筋を緩めることはとても大事です。
しっかりとストレッチすることにより大腿四頭筋の緊張を取り、痛みを軽減させます。

よくある症状やお悩みで選ぶ

PAGE TOP