頭痛

  • 鍼灸による治療
  • マッサージによる治療

慢性的な頭痛の多くは機能性頭痛と呼ばれるものです。脳や全身の重大な疾患が原因となっている器質性頭痛と違い、生命の危険はないものの痛みの強さ、その持続性から日常生活に支障をきたすことは少なくありません。しめつけるような痛みの筋収縮性頭痛や、拍動性の片頭痛なども機能性頭痛に分類されます。持続する痛みで集中力はとぎれ、イライラも募り、時には吐き気さえもよおします。

後頚部から後頭部の筋肉が緊張して起こる筋収縮性頭痛は頸肩、頭蓋部の筋緊張によって起こります。しめつけるような、非拍動性、持続性の慢性頭痛で、頭重感を訴える人も多く、長時間のうつむき気味で仕事を続けることなどによって、後頚部の筋肉が伸長を強いられ、緊張をして痛みが生じる頭痛なので当然、首のこり、肩こり、眼精疲労などを伴います。目の奥や周囲に分布している神経と、後頭部に分布している神経は脳脊髄の同じ領域から出ています。頭痛の際、目の奥が一緒に痛く感じるのはこのためです。

慢性頭痛の代表的なものが片頭痛です。片頭痛は血管性頭痛ともいわれるように、頭の片側だけがズキンズキン、あるいはガンガンと拍動する痛みが特徴で、そのメカニズムは血管拡張によって周囲の神経が刺激されて痛みが起こるといわれています。多くは片側性で、疲労・ストレス等で誘発される傾向があります。痛みの直前に眼前にチカチカと光が点滅する閃輝暗点などの前駆症状が現れる方も少なくありません。頭痛が始まって2~3時間で症状が軽快するケースもあれば、2~3日痛みが持続するケースもあります。個人によって異なりますが片頭痛は月に1~2回、または週に1回くらいの頻度で起こり、吐き気やめまいを伴う場合もあります。十分な睡眠や休息に気を配りつつ治療を続けることが症状改善の近道です。頸肩の筋肉には、脳から出た神経が直接コントロールしているものがあります。そのため精神的なストレスが頸肩の緊張を引き起こし、頭痛の原因となることも多いのです。

東洋医学的では外からの害になる刺激「外邪、外感」や私たちの身体の不調「内因、内傷」によって頭部を走る経絡の流れが障害されたと考えます。外邪が強くても、それを受け入れてしまう内因・内傷がなければ頭痛は起こりません。風寒湿熱などの外邪・外感、感情の動きに関わる内因、そして痰湿・お血・肝陽亢進・腎虚・気虚など臓腑機能の不調を表す内傷と原因はさまざまです。東洋医学の病理概念でも頭痛の原因が多岐にわたっているのがわかります。

頭痛に対する鍼灸療法

百会 けんろ 角孫 陽白 和りょう 完骨 太陽 風池 天柱 肩井

機能性頭痛に鍼灸が有効であることは一般にはあまり知られていないかもしれません。慢性頭痛の八割を占めるともいわれる片頭痛や、それに次いで多い筋収縮性頭痛に効果があるほか、眼、耳,鼻、歯などの異常、頚椎の異常等によって起こる頭痛なども,原因と程度によっては鍼灸治療で改善します。
緊張性頭痛の治療では血流が阻害されている筋肉の過緊張をゆるめ、血行の改善を図ります。また片頭痛の治療は頭蓋血管上の圧痛や頸肩部の緊張部位に刺鍼するほか、血管運動を安定させるために自律神経系を調整する目的で体幹部や手足にも刺鍼します。

鍼治療では経穴への刺激が中心になります。まず、側頭部の経穴では完骨、角孫、風池、天柱がいずれも頭痛には効果的な経穴です。特に角孫は頭痛、後頚部の強張り、眼の疲れと痛みに効果的なので、緊張型頭痛には最適です。
後頚部の経穴では天柱が頭痛、後頚部の強張りに効果的で、上肢では神門と合谷が頭痛によく効く経穴です。下肢の経穴の中では陽陵泉が頭痛の治療に欠かせないポイントとなる経穴なので、特に時間をかけて念入りに施術する必要があります。経穴以外では、眉毛の中間、眉毛の上、前頭部への軽い刺激も効果的です。

その他の治療穴としては和りょう、陽白、太陽、懸顱(けんろ)、百会、肩井、心兪、中かん、列缺、足三里、三陰交、懸鐘などが挙げられます。

芝浦治療院 SHIBAURA CHIRYO IN〒108-0023
東京都港区芝浦3-12-5石阪ビル2F
田町駅から徒歩5分

受付時間
平日
10:00~22:00
土
09:00~19:00
祝日
09:00~19:00
日
休診
お電話でのご予約・お問い合わせ 03-5445-6600 初めてご来院される方へ 診療時間・ご予約・アクセス

このページの上部へ