顔面神経麻痺 | 田町・芝浦・三田など港区周辺で整骨・整体・鍼灸・マッサージ・カイロプラクティック・骨盤矯正・交通事故治療なら芝浦治療院

受付時間
平日10:00~22:00
土曜・祝日09:00~19:00
日曜休診
お電話でのご予約・お問い合わせ03-5445-6600 English

顔面神経麻痺

顔面神経麻痺

鍼灸は・・・麻痺した顔面の神経を修復する働きがあり、また、顔面神経の炎症に対して消炎効果もあります。

顔面神経麻痺とは

ある朝突然、顔に表情を作ることができなくなります。 唇が動かない、飲み物が口からこぼれたり、眼が閉じない、涙がこぼれるなどで気が付きます。通常は一側性(左側か右側か)でおこります。顔面神経麻痺の原因には中枢性(脳血管障害、脳腫瘍など)と末梢性(外傷、ベル麻痺、ラムゼーハント症候群など)があり、多くは末梢性のベル麻痺やハント症候群です。
ベル麻痺とは
末梢性顔面神経の約70%がベル麻痺と言われています。原因は不明です。 寒冷刺激などによって顔面部の血流障害などにより起こると考えられています。

ラムゼーハント症候群とは
水痘・帯状疱疹ウイルスが原因です。みずぼうそうが治ったあとも、このウイルスは神経組織に潜んでいます。この状態を潜伏感染と呼びます。何らかのきっかけで潜伏したウイルスが再び増え、皮膚や粘膜に水疱を伴う病変を引き起こします。 耳や耳の穴の周囲の帯状疱疹の場合、ウイルスが同時に顔面神経や内耳の神経を侵すことによって起こります。難聴、耳鳴り、めまいを併発することもあります。

鍼灸治療は

中枢性のものは治療効果が低いです。 刺鍼は顔面神経、筋肉の分布を考慮し顔面部の経穴に治療 異常誘導絡の興奮点・抑制点に施灸麻痺した神経が回復しやすい期間は限られているため、治療開始が早期であるほど治療効果が高くなります。後遺症を残さないように、また軽度にとどめられるように、早めの針治療を始めることを勧めます。

よくある症状やお悩みで選ぶ

PAGE TOP