今だからこそ!

こんにちは!芝浦治療院の川名です。

最近は新型肺炎がニュースをにぎわせていますが、皆さんは体調にお変わりないでしょうか!??

手洗い・うがい・マスク着用などをしっかりとして予防を徹底して過ごしていただければと思います!

まだまだ不安な部分があるとは思いますが、まずは体調をしっかりと整えて免疫力が下がらないように意識していきましょう!!

 

さて、もう過ぎてはしまいましたが2月4日は立春でしたね。

立春は春の始まりを告げる時季であり、旧暦ではここから新たな年が始まると考えられています。

何事もはじまりが肝心とはよく言いますが、この時期は特に心身共に充実させしっかり過ごせるかどうかで、この一年は大きく変わると言っても過言ではないかもしれません。

東洋医学では春は「肝(かん)」が関係する季節と言われています。

そう!「肝心」の「肝」ですね!!

東洋医学の考えでは、肝は血液を蓄え体内の血液量を調整する役割があり、各臓器を調節し胆汁を分泌するなどの機能、さらには中枢神経や自律神経系、目とも深く関係しています。

特に立春は春の中でも初期で、まだまだ身体が慣れていない為に目の症状や中枢神経に関連した筋肉の引きつりこむら返りなどが起こりやすいのです。

これらの症状が強く出ている場合は、体のエネルギーが不足している証拠です。

また、肝が障害されると感情的にイライラと怒りやすくなり、さらに進行すると便秘や手足の冷え、眼精疲労や喉の渇きなどの自律神経症状、さらには不眠やうつなどの精神症状が現れます。

そんな症状がきつい時には、酸味のある食材春の食材セロリやせり、あさり、はまぐり、帆立貝)など、肝の働きを調節してくれる作用をもつ食べ物をとるとよいでしょう。

 

肝の機能が落ちると、体の冷えや臓器の不調が起こりやすく、免疫力も低下します。

だから肝を正常な状態にしておくのが肝心なんですね!

今だからこそ体のことを第一に考えて養生するように心がけてくださいね!

 

当院でもスタッフ一同体調に留意して皆様のご来院をお待ちしております。

 

田町駅から徒歩5分 芝浦治療院

https://www.shibaurachiryouin.com/

TEL0354456600

平日 10時~22時

 祝日9時~19時

定休日  日曜日

 

交通事故、むち打ちについて!

こんにちは、芝浦治療院の松本です。

1月も下旬に入り寒さも厳しくなってきましたね!東京では例年冬の時期に数回雪が降ることがあり積もることもあります。その為路面の状況が悪くなり、交通事故や怪我には十分にお気お付けください!

そこで本日は、むち打ちについて、お話ししたいと、おもいます。

 

そもそも、むち打ちとは俗称であり外傷性頸部症候群または頸部捻挫といいます。

これは交通事故(特に追突)により、首が大きく鞭のようにしなることにより、筋肉、神経、血管、関節を損傷してしまうことを言います。

交通事故に合った場合、事故直後は精神状態が興奮しているため、すぐには症状が感じづらい場合があり、事故の当日には痛みがなくても、数日経ってから痛みが現れることもあります。事故直後に症状が出ていないからといっても安心は出来ません。また軽微な事故に見えても、後に異常が出たといううこともよくあります。

むち打ちでは様々な症状が出ると言われております。

例えば、首筋・背中・肩の緊張や痛み、耳鳴り、頭痛、めまい、吐き気、食欲不振、神経障害 (知覚障害、しびれ) などです。

むち打ちでは、初期治療がとても大切です。放っておくと症状がひどくなるケースもあります。

ここで、当院の治療の一部をご紹介致します。

・RICE処置 (安静、冷却、圧迫、挙上)

・関節包や頸部伸筋群のマニュピレーション

・歪んだ背骨の調整

・エクササイズ、ストレッチ等

日常生活指導 (過度に頸部を伸展する作業や、活動を控えるなど)

・電気治療

芝浦治療院では患者様の状態を把握し、患者様一人一人にあった治療を心掛けてまいります。

まずはお気軽に電話にてお問い合わせください!お待ちしております!!

田町駅から徒歩5分 芝浦治療院

https://www.shibaurachiryouin.com/

TEL03-5445-6600

平日  10時~22時

 祝日 9時~19時

定休日  日曜日